焙煎教室で焙煎機に魅了され機械プラントとして焙煎機を作りました。ガス圧計、排気、豆温度計、冷却機、直火式、そしてサイクロンまで、機構はまったく大手メーカーの焙煎機と同等です。

家庭用パスタナベを釜として使用、できるだけ購入しやすい一般市販部品を使い、全て手加工で仕上げました。ですからフル装備の焙煎機としては、大手メーカーの同クラスより格安です。初期投資が大手メーカー焙煎機より安くすむので、小規模な喫茶店の自家焙煎機として、将来お店をと思い、今から焙煎を勉強されたい方。また、手網焙煎に満足されてない方、また家庭で煎りたての本格的なすっきりした美味しい珈琲が飲めます。

焙煎直後の豆をドリップして飲んでも、雑味や焙煎臭が無い事に驚きます。コーノ焙煎教室卒業生も愛用しています。味、香りはCAPASUTAをすでにお使いの方々から絶賛をいただいています。

購入の方には 無料で焙煎論理等の論理から焙煎指導を行います。焙煎教室に通う費用が節約できます。 焙煎論理、火力、排気等の論理を理解し焙煎すれば、珈琲で美味しくない味、青臭い味、コゲ味、えぐみ味、雑味、焙煎臭と多彩な味を作り出すことができます。つまり裏返せば美味しい珈琲を自分でコントロールして作りだせると言う事です。ご希望の方に製作し、お譲りいたします。

焙煎理論

キャパスタの焙煎論理、美味しい珈琲を煎る論理は三つあります。
その一つが「始めチョロチョロ中パッパ赤子泣いても温度計から目を離すな」。です。
これはお米を炊くのと同じです。つまりお米も稲の実で珈琲も実で、お米と同じ工程にすれば良いのです。
お米の媒体は水ですが、珈琲焙煎の媒体は空気で、その違いだけです。飯盒や釜でお米を炊いたことのある方は、なんとなくお解かりだと思います。ほんとうか解りませんが、珈琲豆は水分が抜けた隙間に香が入るとか?ですから水分が上手に抜けてない珈琲は、あの良い珈琲の香がミルで挽いた時に出てきません。
キャパスタ焙煎方法は水分を抜くことに気を使います。焙煎記録表に1分ごとの温度を記録していきます。1分前と現在との温度差を常に把握する事で、スムーズな焙煎曲線を描けることになります。焙煎記録表に書く事は記録を残して、次の焙煎の参考にするのでなく、釜の中の豆と対話する手段なのです。
釜の中の生豆は「火力が足りないよ」と、「多すぎるよ」と温度計を返して伝えてきてくれます。その声にあわせるようにガスバルブで、ガス圧をコントロールすれば、美しい焙煎曲線を描いて焙煎できます。ですから、温度計から目を離せません。焙煎中は電話や訪問者の相手などはできないのです。豆との対話に集中、集中です!だから焙煎が楽しいのです。
キャパスタはこの焙煎方法を排気と火力の相互関係をふまえて、焙煎できるよう様設計されたいます。
キヤパスタをお譲りする方にはこの焙煎論理、排気と火力の論理等も付いていきます。ですから焙煎教室に通う必要がなくなります。
焙煎は奥が深く楽しいですよ!!

製作、開発中の写真です。
豆の返しによる動きを観察しています。
センサーの位置や撹拌の羽の形状を確認試験しています。

 

 

 

 

 

焙煎中の各ポジションでの温度変化をPCで測定グラフ化し最良の焙煎温度、風量、時間を探っています。